探偵調査なら当探偵事務所へ

探偵が調査いたします

調査なら当探偵社へお任せください


  • 探偵の服装



    探偵が尾行、張り込みをする上で重要な要素は服装になります。
    以前、一世を風靡した故松田優作さんが主演をした「探偵物語」で主に着ていた洋服は余りにも目立ちすぎていて探偵であのような格好をする人はまずいませんでした。
    またよく探偵の印象として挙げられるトレンチコートにハンティング帽子なども全くもってする探偵は現実にいません。

    では実際の探偵がしている服装とはどういった物でしょうか?

    当探偵事務所のように東京という大都会で素行調査や尾行調査を実施する探偵は対象者によって臨機応変に服装を選択していきます。
    対象者がサラリーマンであったり、オフィスレディーなどの場合、基本的には紺色やグレーの色合いのサラリーマン的な地味なスーツを着用します。
    これはオフィスビルなどで張り込む際には最も適していると言えるでしょう。
    また平日の早朝、自宅から開始する際にはスーツ姿の方が無難と言えます。
    あくまでもきちんとした装いでいると余り不審者には見られません。
    この不審者に見られないという事も重要な要素なのです。
    探偵の服装という項目で検索しますとスーツは駄目だという探偵サイトも出てきますが長年の経験から都会にある当探偵事務所ではスーツが適していると判断しています。

    いくらスーツと良いと言ってもヨレヨレのスーツではどうしようもありません。
    高級なスーツでなくても、それこそ吊しの安いスーツでも構いませんがズボンの折り目などピシッとしたスーツでなくてはなりません。
    きちんとした格好をすることで張り込む際に不審者と余り勘違いされることは少ないのです。
    オフィスビルや住宅街などで何時間、張り込むか判らないのが探偵という職務であり、短時間に不審者と思われる服装は回避しなければなりませんのでスーツという事になるのです。
    しかもスーツ姿は人に安心感も与えてくれます。
    ただしスーツとなると革靴が定番ですがコツコツと音が鳴るような靴を履いていては尾行に差し障りが出てきます。
    音がしないゴム底の靴にしたりと工夫をしなければなりません。
    この音がしないようにする事は夜道の尾行とかビルやマンションなどに入り込む際にも絶対的に必要となります。
    例えば対象者が女性で深夜、尾行した場合、後ろからコツコツと足音が聞こえていたら警戒して逃げ出してしまうかもしれません。
    靴の音には敏感で無ければならないのは探偵の必須条件です。

    都会では何かとスーツが良いのは上記した通りなのですが時と場合に因ります。

    休日の行動調査や専業主婦が対象者の場合です。
    これですとスーツでは逆に目立ってしまいます。
    行楽地や地元の商店街、スーパーなどに行こうものならスーツでは怪しすぎてしまいます。
    カジュアルな服装がベストでしょう。
    ただしジーパンにトレーナー、Tシャツよりはベージュのチノパンに目立たないシャツやブレザーとというスタイルが賢明でしょう。
    色合いはベージュやグレー系統が無難と言え、全身黒尽くめでは逆に目立ってしまいますので避けるべきです。
    カジュアルといってもスーツ同様にヨレヨレではどうしようもありません。
    それなりの身だしなみはしていないと怪しまれてします。
    都心ではヨレヨレの服装をした人はけっこう目立って、意識して見られてしまうのです。

    また工場地域や農場地域においては作業服姿がベストでしょう。

    このように相手の行動拠点を最初に知っておくことで探偵の服装もいろいろと替えなくてはならないのです。
    丸の内のオフィスで働いている対象者の遊ぶ場所が六本木となればスーツ姿がベストであり、例え世田谷区内に自宅があったとしてもスーツ姿ならそんなに怪しまれないはずです。

    探偵の服装は対象者によって臨機応変に対応しなければならないのです。

    余談ですが聞き込みという内偵調査をする際もスーツ姿は相手に好印象を与えることは言うまでもありません。

調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066