不倫の代償

不倫の代償は大きな代償の支払い

不倫の代償は慰謝料ばかりではありません


  • 不倫の代償を考える


    不倫という事はどちらか一方が既婚者であるか男女いずれも既婚者という人物が配偶者以外の異性と肉体関係を持ったことになります。
    この不倫をしている不倫カップルの多くは配偶者に不倫の事実が発覚すると大きな不倫の代償を支払う羽目となっています。
    この不倫の代償としてまず挙げられるのが慰謝料問題ではないでしょうか。

    この不倫に対する慰謝料については不倫の証拠が得られたならば不倫をした当事者である配偶者並びにその相手の両方に対して請求ができます。
    それは不倫という行為が違法行為であるからです。
    ただ離婚するかしないかによっても慰謝料の金額が大きく異なってきます。

    確かに慰謝料の金額は双方が納得すれば上限はありませんが通常、裁判や調停においてはある程度の金額は想定されています。

    ただ不倫の代償は慰謝料ばかりではありません。
    離婚を選択する夫婦も多く存在しています。
    離婚する際には財産分与もしなければなりません。
    また成人前の子供がいた夫婦では養育費の問題も生じてきます。
    この養育費については数年かかって支払っていかなければならないのです。

    家庭を壊し、慰謝料を支払い、財産分与をして養育費も支払わなければならないという環境はかなり厳しい環境となります。
    それだけに重い代償を支払う羽目となってしまうのです。

    また離婚しなかったとしても浮気をした事実からなかなか解放されず、配偶者からの重圧にも耐えて生活をしていかなければなりません。
    ちょっとした感情にまかせ、不倫をしてしまった事による代償はかなり大きくのしかかり、公開する人生となってしまうのです。

    配偶者に気付かれていない不倫している方は不倫関係を早々に解消する事をお勧めします。
    しかし、余程上手く不倫相手との関係を解消しないと不倫相手からの逆襲も考えなくてはなりません。
    不倫相手がストーカー行為や脅迫など犯罪を犯してくる事も十分にあるのです。

    金銭的な事から精神的な事まで様々な代償がちょっとした不倫という行為から発生してしまうのです。
    中には社会的信用までも失墜してしまう人も少なくありません。
    実際に一流と言われた芸能人は不倫がきっかけで現在も人気が上がってこない人も多く存在しています。
    この様に有名な芸能人ばかりではありません。
    社会的に地位の高い会社経営者、会社役員、先生と呼ばれる職業の中には世間には知られていなくても社会的信用を失墜させて転落していった人は意外にも多く存在しているのです。

    既婚者が配偶者以外に好意を感じた場合、肉体関係に至る前にきちんと身の回りの整理をする意味で配偶者との離婚という手続きをしてから次の恋愛に進むことを絶対的にお勧めします。
    もし離婚前に深い関係へと進み、配偶者に発覚されてしまうと前述したような大きな代償を支払わなくてはならなくなるのです。
    ただ多くの人はそこまでの大きな代償を考えている人は少なく、現実問題としては不倫した人の多くは人生が狂うほどの不倫の代償を支払っているのです。

    やはり「不倫」という行為は現代の法治国家の中では許されない行為だと言うことです。


浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066