不倫調査なら当探偵事務所へ

探偵が不倫調査いたします

不倫調査なら当探偵社へお任せください



  • 不倫の現場は探偵にお任せ



    不倫調査を探偵に依頼して確たる浮気、不倫の証拠を撮影しその写真や映像を御依頼者である配偶者に調査対象者の行動を分単位で記載した報告書に添付した ものを提供するのが探偵事務所の役目です。

    この様な不倫調査では不倫の決定的な証拠となる「不倫の現場」に探偵は遭遇します。
    一般的に多いケースなのはラブホテルに2人で入り、数時間を過ごし出てきたそれぞれの写真や映像並びに時間を記録したものが決定的な証拠となります。
    この決定的な証拠を取るために探偵は何日間も張り込んだり、尾行を繰り返していくのです。

    ところがこの尾行、張り込みを御依頼者自身が参加したいという人がおられます。
    どんなに足手まといにならないとか変装していくから大丈夫と言われても当探偵事務所では100%お断りしております。
    調査対象者は探偵の顔を全く知らないから容易に長時間、尾行や張り込みができるのです。
    全くの尾行術に素人である御依頼者がどんなに変装してもぎこちない動作や目の動きなどによって配偶者は感じてしまうことが多いのです。
    しかも御依頼者に対しても注意を払うという業務も増えてしまい、マイナス要素が増加するだけなのです。

    それでも一緒に尾行はしないからこまめに対象者の状況や移動先を教えて欲しいという御依頼者が希におられます。
    この点に付きましても当探偵事務所はお断りしております。
    何故に状況や移動先を知りたいかというとその現場に来たいという欲求であることを私ども知っているからです。
    どのような状況であれ、御依頼者が現場に来てしまうと現場が混乱することが明白だからなのです。
    結果的にいくつかの混乱例をご紹介しましょう。


    ①飲食店に入ってしまった御依頼者

    不倫調査において配偶者が不倫相手と合流、飲食店に入ったとします。
    探偵は飲食店の出入口を確認し出てくるのをひたすら待ちます。
    不倫調査の場合、不倫カップルが飲食店に入っても探偵が一緒に入る事はありません。
    飲食店内では不倫という不貞行為をしないからなのです。
    ところが御依頼者の仲には2人の様子を知りたい、会話の内容を知りたいという事で中に入って欲しいと訴えてくる人もおられます。
    確かに贈賄から情報漏洩に関する素行調査では飲食店内での状況が必要な調査もありますが不倫調査では全く無意味なのです。
    例えば飲食しながらの会話で「好きだよ」「好きよ」とか言ったとしても不倫の証拠にはなりません。
    オーダーした飲食物をショアしたり、お互いのグラスを飲み交わしたりしたとしても不倫の証拠にはならないのです。
    しかも、飲食店から出てからの2人の行動がかなり重要となってくるケースが多いのに何もこんな不倫の証拠も取れない飲食店内に探偵を入れて顔を晒す必要は全く無いのです。
    通常の御依頼者の方はすぐに理解して頂けますがどうしてもと言う事を聞かず、調査料金を支払うクライアントの命令という事で飲食店の場所を聞き出し、乗り込んだ 御依頼者がいました。
    飲食店で2人が仲睦まじく飲食していたとしても何ら不倫にはなりません。
    結果は明白です。
    乗り込んだものの不倫関係は一切認めず、更になんでこの飲食店と知ったと問い詰められ、御依頼者は窮地となってしまいました。
    対象者は探偵につけさせたと完全に思い込んでしまい、しばらくその女性との接点がなかったばかりか全ての行動に後ろを警戒するという行為をして不倫の証拠を選るのにかなりの 時間を有してしまったのです。
    この日、御依頼者が乗り込まなければ不倫の現場を押さえられた可能性が高かったのに非常に残念としか言いようがありません。

    ②不倫相手の家に行った御依頼者

    不倫調査をしていると不倫相手と共に不倫相手の家に行くというケースもあります。
    この場合でも探偵からその住所を聞き出し乗り込んでしまった人もいました。
    結果的に申し上げますと不倫相手の玄関口で騒いだもののすぐに出てくる訳はありません。
    しばらくしてドアを開けたもののきちんと服を着ており、不倫感は全く出さず、仕事上の話で来ていたと突っぱねる始末。
    結果は飲食店のケースと同じで探偵を使って調べたと思い込み、今後の調査に支障を来したのは言うまでもありません。

    ③ラブホテル前での大喧嘩

    御依頼者が現場に来たがる最も多いケースは不倫現場となっているラブホテルの張り込み最中です。
    「今、ラブホテルに不倫相手と入りました」などと伝えるとその場所を教えて欲しいと哀願されるケースです。
    当然、教える事はなく、きちんと報告書という証拠を得て、退所の仕方を懇々と説明するのですが中には不倫をしているという事実に錯乱してしまい、聞く耳を持たず、 殿下の宝刀とでもいうか「教えないと調査料金も支払わない」などと脅してくる御依頼者もいるほどです。
    冷静に考えて頂ければ現場に来ても何も役に立たないのですがどうしても実際の目で見てみたいという願望が強すぎるのでしょう。
    現場に現れた御依頼者は配偶者や不倫相手が出てくるまでは冷静に待っていますが出てきた途端に豹変、配偶者や不倫相手に対して暴力を振るうなどの行為に及んでしまう ことが多く、出てくる際の撮影に取り組んでいる探偵は御依頼者の行動に気付くには時間差が出てしまうのです。
    殆ど気付くと御依頼者が既に暴力を振るっている状況となり、ホテルの従業員や第三者などから警察に通報され、相手が怪我でもしようものなら暴行以外にも傷害が適用され、 警察に逮捕されてしまいます。
    当然、その場いる探偵も事情を聞かれることになってしまいます。
    不倫は不法行為ですが民事事件ですが暴行事件や傷害事件は刑事事件として立件されてしまいます。
    結果的に御依頼者が賠償する羽目になってしまうのです。
    それこそ「泥棒に追銭」という実態。


    不倫の現場において自分の目で確認したいという強い気持ちは理解致しますが冷静に考え、探偵にお任せ下さい。
    不倫の現場では探偵に任せることで不倫の証拠がきちんと取ることができて、御依頼者に有利となる決着が望めるのです。





不倫調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066