盗聴調査なら当探偵事務所へ

探偵が盗聴調査いたします

盗聴調査なら当探偵事務所へお任せください


  • 盗聴調査の内容


    盗聴を必要とする調査や盗聴器確認調査などは当探偵事務所にご相談

    盗聴調査といっても大きく分けて2つの調査があります。

    盗聴器を使用して調査に役立てたり、証拠を録音する為の調査機器として使用する盗聴調査と盗聴器が設置されているか、否かを調べる盗聴検査的な調査があります。

    盗聴器を使用する調査と言いましても第三者に断りもなしに取り付けることは完全に違法行為になりますので当探偵事務所・赤坂アーガス東京では一切お受けしておりません。

    では、どのような時に盗聴器を使用するのか?どのように使用すれば違法にならないのか?

    まず御依頼者のご自宅に御依頼者の協力の下、設置する場合です。

    これは配偶者がご自宅に浮気相手を呼んでいるケースに使用される調査方法です。
    最近では長時間録音可能なICレコーダーを代わりにする場合もありますが綺麗に整理整頓されている室内では目立ってしまい、やはり盗聴器が最適な場合が多々あります。
    意外にも専業主婦の浮気調査の場合、浮気相手を自宅に招き入れるケースもあるのです。
    最近でもそんな芸能人夫婦がいましたよね。

    更にお子様のいじめ調査ではご両親の許可の下、お子様の洋服や下着などに装着、探偵の目の届かない学校内での状況を外部から録音するのに使用されます。
    これがけっこう能力を発揮しています。
    休み時間やトイレでのいじめの実態が明白になるのです。
    いじめの実態を証拠として残すことで虐めた加害者の父兄やなかなか「いじめ」を認めない学校関係者も言い逃れができません。

    またストーカーなどの付きまとい、待ち伏せ行為の被害者に無線機代わりに盗聴器を所持して頂き、近くで聞いている探偵に指示して頂くことで加害者を特定し易くなります。
    携帯電話の使用は時としてストーカー加害者を警戒させてしまいます。
    ストーカーは待ち伏せしたからといって付きまとってくるとは限りません。
    例えば駅改札で待ち伏せ、被害者を確認したら被害者宅に先回りして更に待ち伏せ、なんてことも充分にあるのです。

    この様に盗聴器はその使用目的により違法性はなくなり、有効に活用することで証拠蒐集に大いに活用されています。

    また当探偵事務所では当然のことながら盗聴器の確認調査も実施しております。

    盗聴器や盗撮機器はネットなどでも誰でも簡単に購入ができ、また操作も簡単なことから第三者に対して情報収集や興味本位からさまざまな情報の取得などに用いられ、中には機密情報の漏洩などの被害も増加しております。

    盗聴器は盗聴器を使いこなせる探偵が専門の探査機器を駆使し調査することで設置の有無を短時間で調査できます。
    また加害者の立場で物事を判断し、どのような時期、場所に盗聴器を取り付けるかなどの推測、予測もしております。
    例えば夫婦間での離婚調停中、会社間でのトラブルや役員間での昇進レース時、会社での重要機密会議の実施前など、あげたらきりがありません。
    当探偵事務所・赤坂アーガス東京では個人の居宅、企業の会議室、役員室、ラブホテルなどに設置されていたいくつもの盗聴器を撤去してきております。

    盗聴確認調査は市販されていない当探偵事務所で製造した独自の特殊機器で探査、発見率は高確率を残して下ります。

    日本全国、どこでも出張致しますので盗聴、盗撮されている懸念があったり、重要な会議の前などには情報漏洩という危機管理の一貫としてぜひ当探偵事務所・赤坂アーガス東京にご用命下さい。

    当探偵事務所・赤坂アーガス東京ではいろいろな角度から盗聴調査を実施、お客様の不安を取り除く努力をしております。

盗聴調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066