浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください


探偵が主人公の小説

  • 探偵が主役となったテレビドラマ、映画

    古くは明智小五郎、金田一耕助と探偵小説から人気を得て映画や舞台化されたものや映画脚本として登場した探偵:多羅尾伴内などもそれぞれシリーズ化、又、様々な役者によってリメイクされています。
    戦後の探偵漫画ブームでテレビドラマ化された「まぼろし探偵」「少年探偵団」や普段は探偵という職業をしていた「月光仮面」「七色仮面」等が60歳以上の人にとっては懐かしい探偵ドラマでしょう。
    月光仮面などについては探偵という職業であったことすら私は覚えていませんでしたが、子供の頃には縁日で月光仮面のお面を買ってもらい、風呂敷をマント代わりに近所の子供仲間とよく「月光仮面ごっこ」をして遊んでいた記憶があります。

    その後、生島治郎、大藪春彦、大沢在昌、北方謙三などの著作によるハードボイルドでちょっとアウトロー、しかし、なぜかいかした探偵が主役の小説がヒットしてドラマや映画化されたものも少なくありませんでしたが大きくヒットした作品はなかったみたいです。
    又、中年層には萩原健一、水谷豊共演の「傷だらけの天使」、松田優作主演の「探偵物語」がテレビドラマでは勝手ながら代表作品ではないかと思っています。

    近年においては「金田一少年の事件簿」「名探偵コナン」等の子供相手の探偵アニメから「シティハンター」「ハロー針ねずみ」などのや大人の漫画など再び探偵物が流行始め、テレビドラマでは「匿名探偵」「ラッキーセブン」「潜入探偵トカゲ」「保育探偵25寺」「貴族探偵」等、2時間ドラマでも「やめ刑探偵・加賀美塔子」「探偵・神津恭介の殺人推理」「探偵・左文字進」などの探偵物がシリーズ化しています。
    又、映画では「探偵はBARにいる」もヒットして2作目も上映され注目されていました。

    しかし、いずれも現実の探偵とはかけ離れており、映画やドラマの様な出来事や出会いがあると信じて入社してくる社会をあまり知らない新人にとっては地味で過酷な現実的な調査が待っているのです。
    何しろ何時間も同じ場所で立ち続ける張り込みなどドラマでも映画でも一瞬で終わってしまい、長時間撮影しているなんてことはありません。
    あっという間に場面が変わってしまいます。
    この苦痛を乗り越えると本当の探偵ドラマが見えてきて主人公になれるのかもしれません。

浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066