浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください


探偵が主人公の小説

  • 探偵が主人公の小説

    探偵小説の起源は1841年にアメリカの小説家「エドガー・アラン・ポー」によって発表された探偵デュバンが活躍する「モルグ街の殺人」とされています。
    その後、コナン・ドイルの探偵ホームズと助手のワトソンが活躍する小説やアガサ・クリスティーの探偵ポワロなどが人気を集め、映画化されたり、リメイク作品が制作され、警察に代わって凶悪事件に立ち向かい、解決していく探偵の姿が社会に受け入れられ、探偵小説が世界的に大ヒットしていきます。

    日本においては明治中期頃より海外の探偵小説が翻訳本として出回り、1923年に「エドガー・アラン・ポー」に憧れ、その名前から作家名とした「江戸川乱歩」によって書かれた小説が本格探偵小説とされ、1925年には同氏の作品「D坂の殺人事件」で初登場する探偵:明智小五郎が有名でシリーズ化されていきます。
    探偵といえば明智小五郎と言われる位に有名になり、戦後のテレビドラマにもその名前は数々登場しています。
    戦後、横溝正史の作品に登場する探偵:金田一耕助もシリーズ化されて有名な探偵の1人でもあります。

    その後には推理小説として探偵を主人公とした小説は確立、時にはハードボイルド小説として生島治郎、北方謙三、大沢在昌、大藪春彦などのさまざまな作家によって影のある粋な探偵の作品が作られ、また時には赤川次郎の「三毛猫ホームズシリーズ」「三姉妹探偵団シリーズ」、西村京太郎の「探偵左文字進シリーズ」、内田康夫の「浅見光彦シリーズ」などのコミカルな探偵推理小説も話題となり、テレビでもドラマ化され現在に引き継がれています。
    昨今でも探偵推理小説は人気のあるジャンルで柴田よしきの「花咲慎一郎シリーズ」や松岡圭祐による「探偵の探偵」も好評を博しています。

    日本のいずれも小説の中の探偵は現実の探偵とはかなりかけ離れ、殺人事件や警察さながらの刑事事件を追跡、解決に導き、とてもかっこいい存在でもありますが実際の探偵の業務は小説の世界とは全く異なり、浮気調査や人捜しなどもっとも地道な調査でそれでも日夜、かけずり回っているのです。
    小説の探偵に憧れ、夢見て探偵になりたいと思う若者もけっこういますが現実とのギャップに翻弄され、その多くが長続きしていないのも現実です。
    現実の探偵に派手さは必要なく、根気と忍耐、洞察力など地道な努力しかいらないのです。
    共通点をあげるとすれば孤独感かもしれません。

浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066