浮気調査は離婚しない為の調査でもあります

浮気調査なら当探偵事務所へ

探偵が浮気調査いたします

浮気調査なら当探偵社へお任せください



  • 離婚をしない為の浮気調査



    浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼する人は浮気の証拠を押さえて離婚を考えている人ばかりとは限りません。

    離婚をしない為に浮気の証拠を押さえる人もいるのです。

    浮気をしている配偶者の中には浮気を一切認めず、性格の不一致などを理由に離婚を要求してくる人もいます。

    これは浮気相手との新生活を望んでいるのであって浮気相手に夢中になっている人は子供がいても関係なく、突然、容赦なく離婚を要求してきます。
    自分自身に非がないと思っていても離婚を要求されたらいろいろと考えてしまうことでしょう。
    何か相手に離婚を望ませる不快な言動があったのかなとか自問自答しますが、自分自身に思いあたることが無ければ別に好きな人が出来たのではないかと考える事でしょう。
    そんな配偶者も気に入らない言動についていろいろと指摘する事はあっても好きな人が出来たとは絶対に言わないはずです。
    殆どの人の場合、好きな人とは浮気相手というケースなのです。
    当然、浮気を認めるはずはありませんから貴方の言動などの不満要素を追求してきます。

    離婚を言われた側にしてみれば多少、浮気を疑っていたとしても「寝耳に水」の状態かもしれません。
    一生の伴侶として結婚したものの、一方的な離婚要求、これではたまりません。
    少しでも浮気していると感じていたなら早急に浮気調査を実施される事をお勧めします。
    また、浮気を疑っていなくても離婚を要求された場合には浮気を現実的な視野に入れての素行調査も必要です。

    そして浮気調査の結果、浮気の事実を押さえる事が出来れば相手の離婚要求を蹴ることが可能になります。

    なにしろ一般常識でも民事に照らし合わせても浮気をしている人が離婚を要求する事は出来ないからです。
    浮気をしている事実を押さえることは要求してくる離婚を阻止することが出来るのです。

    依頼者の中には浮気の事実を改めて知った事で離婚を考える人もいるかもしれません。
    それはそれでいっこうにかまいません。

    配偶者は浮気という不法行為をした訳ですからそれに対する制裁は依頼者の意向によって全て決定していきます。
    もちろん、違法な方法ではなく正当性のある制裁方法に限られますが。

    離婚しない為にも当然、効力を発揮します。

    浮気調査の結果、配偶者の浮気相手も当然特定いたします。
    浮気相手に対して会って話し合いをするのもよいですし、慰謝料を請求する事も問題なく出来ます。
    更に裁判として訴える事も可能なのです。

    浮気相手も通常の神経なら交際を継続することはかなりの負担でしょう。
    精神的にもかなり追い込まれると思います。

    浮気相手と別らせる事で配偶者を取り戻せる事が出来るのです。
    結果、離婚をしなくてもすむという事で落ち着くのです。

    しかし、全て浮気の事実を証拠として押さえておかなければなりません。

    その為にも探偵事務所の浮気調査はあるのです。

    もし配偶者が突然、浮気を認めず離婚を要求してきたという人が現在おられましたら当探偵事務所・赤坂アーガス東京にご相談ください。





浮気調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066