尾行調査・不倫調査なら当探偵事務所へ

探偵が尾行調査・不倫調査いたします

尾行調査・不倫調査なら当探偵社にお任せください


信頼関係を大事に

当探偵事務所では、尾行調査、不倫調査において尾行を実施した当日から簡易報告を行っております。担当者がご依頼者様と密接に連絡を取り合い、信頼関係を深め協力して不倫調査・尾行調査に努めております。そうすることによって、例えば次の尾行の開始時刻を早めたり遅くしたり等の調整が出来ます。当探偵社では無駄な尾行時間を無くすことで費用を抑えて安い料金で尾行を行うことが可能となっています。

  • 尾行調査の内容


    探偵 尾行調査


    ●尾行は当探偵社にご相談を
    赤坂アーガス東京の尾行は、通常2名から3名のスタッフで尾行チームを組みます。状況に応じて尾行に車や自転車を用いることもあります。
    近頃、近代的な機器を巧みに使用し現代のニーズに合った尾行が可能となりました。実際、浮気・不倫問題などでは尾行が主に行われます。現場の探偵スタッフが対象者の行動を余すところなく捕らえ、証拠となる写真やビデオをご提供いたします。

    ●探偵の高レベルな尾行技術
    浮気・不倫のような案件では必ず証拠写真が必要であり、ベテランの探偵が浮気・不倫を確たる証拠としてお届けします。
    機械に頼り、後から追いついたという方法では肝心な所で写真を撮れないということになってしまいかねず、探偵としての質が問われます。
    ですから、GPS・ロガーなどの機器だけを用いた尾行等の謳い文句は眉にツバをつけて聞いてください。尾行はあくまで人が行うものというのが当社の考え方です。

    ●当探偵社の料金制度
    不倫調査など尾行に伴う料金は、当探偵社では時間単位で後払い制です。お申し込みされた場合、その料金表をお渡しします。当社の料金表では、ご依頼者様自身で簡単に計算が出来るようになっており、毎回尾行料金が明確に理解できます。高額な料金を提示して尾行開始前に全額前金で受ける探偵事務所も存在しますが、当社ではご依頼者様にご納得がいくプランを提供しております。
    ご安心ください。当社の料金制度は後の支払いの際に一切のトラブルの無いように徹底しております。
    尾行期間を1日ごと時間制で出来る当社では無駄はありません。ご依頼者様の負担にならないように、どのように尾行したらいいのかを常に考え、提案していきたいと思っております。

    尾行調査では、詳しく事実関係を記した報告書をお渡しします。その際、尾行にかかった料金をご精算して頂きます。報告書に作成料は一切かかりません。そのまま、裁判資料としてお使い頂けます。
             

探偵の尾行調査(不倫調査)の事例


夫はモノレールと電車で都心へ行き女性と合流。


東京都目黒区にお住まいのNさんは、夫の行動に疑問を持っており、当探偵社は浮気を調べるご依頼を頂きました。Nさんがお風呂に入っている時にコソコソと携帯電話を使っていたり、今までは使用していなかった携帯電話のロック機能を使うようになったことから「浮気?不倫をしているのでは?」と疑問をもち、当社を訪れました。

Nさんのお話を聞いたところ、おかしな行動をする日は不特定とのことでしたが、今度の火曜日にNさんは子供を連れて実家のある九州へ帰省することになっており、夫は会社を休んで見送りに来るとの事で、浮気をしているとすればその日に必ず会うだろうと判断しました。当日の火曜日、Nさんを東京国際空港に送った後、同空港より尾行を開始することにしました。尾行する探偵は2名、開始時刻は午後5時からです。

東京国際空港にてNさんと子供を見送った後、夫はモノレールと電車で東京都心へ行き女性と合流。現場の探偵たちが夫を尾行して浮気現場を押さえました。レストランで食事、バーで1時間ほど飲んだ後、午後11時にラブホテルへ。ラブホテルへ入った時間が宿泊料金での時間帯であること、またNさんが自宅にいないことから夫と不倫相手の女性は宿泊するものと当探偵社は判断、Nさんとの打ち合わせにより、ホテルに入った時点で尾行を一旦打ち切り、当日が平日であることから夫は翌日出勤するものと判断して、翌朝6時より再びホテル前での張り込み・尾行を再開することにしました。

7時50分、夫と不倫相手の女性がラブホテルから出てきた所を張り込んでいた現場の探偵たちが写真撮影し、更に尾行を続けたところ、夫と女性は夫の勤務先へ入り(午前9時)、女性が夫の同僚であることが判明しました。このことをNさんに電話で報告、女性の自宅が知りたいということで、通常の退社時刻である夕方5時より再度探偵スタッフが夫の会社付近で張り込み、帰宅する女性を尾行して自宅を突き止めました。当社の不倫尾行調査は無駄がなく、より確実性を重視して行われます。

  • 尾行調査・不倫調査Q&A


    ●「何故、尾行現場の探偵は2名からなのか?」
    探偵業界では尾行現場における探偵の人数は原則2名からというのが一般的です。裏表に出入り口がある建物に対象者が入ってしまった場合、1名では裏表を同時に見ることができないためです。該当するケースとして多いものに対象者の勤務先が挙げられます。

    ●「尾行時間はどのように決まるのか?」
    尾行系の調査時間は最低4時間のご契約となっております。尾行の開始時間・4時間を超えた後の終了時間については御依頼者様ご自身で決定していただくか、当探偵社の相談担当員の提案をご了承していただくかになります。
    尾行日時についても同様ですので、ご契約後、御依頼者様に何の連絡も無しに尾行を行い、突然「○月○日に○時間尾行しましたので金額は○○万です」などということはございません。尾行中もご連絡担当のスタッフが状況をお伝えしておりますので、ご希望のタイミングで尾行調査を終了させることが可能です。

    ●「経費の仕組みはどうなっているのか?」
    当探偵社における尾行調査の経費とは、尾行に伴う交通費や宿泊費などの実費です。
    交通費は、尾行中の対象者の行動により発生する交通費です。例えば、対象者が尾行中に電車代300円を使って移動したとすれば、300円×スタッフの人数=経費となります。また、車両尾行やバイク尾行をする必要がある案件では尾行で使用したガソリン代や高速道路代なども経費となります。
    尾行調査の経費はご相談の際にお見積もりして事前に概算額を提示致しております。
  • 不倫調査


    不倫の証拠収集とは?


    例えば対象者と浮気相手(不倫カップル)がラブホテルに行った場合、二人がラブホテルに入るところ、及びラブホテルを出るところの撮影を行います。
    性行為があることが不倫(不貞行為)の定義とされていますが、不倫の証拠は、二人が性行為をしている現場そのものの証拠が必要というわけではありません。
    ラブホテルはそもそも性行為をすることが目的の施設ですので、ホテルに入ってしばらく過ごした後に出てきた、という事実で性行為があったと推認されます。つまり、このラブホテルの出入りこそが不倫現場の証拠となるわけです。
    しかし、対象者がラブホテル以外、例えば相手の自宅へ行って不倫している場合なども考えられます。このような場合は数日の日程を組んで複数回の証拠を集めていき、継続的に相手の自宅へ出入りしている証拠の収集を行うなど、また別の方法で組み立てを行います。

    ●不倫調査は当探偵社へご相談を
    不倫調査終了後に対象者たちの行動を時系列に記載した写真付き報告書をお渡し致します。

    不倫問題にお悩みの方はご相談ください。当探偵事務所相談員が親身にご相談をお伺い致します。

尾行調査・不倫調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066