尾行調査なら当探偵事務所へ

探偵が尾行調査いたします

尾行調査なら当探偵社へお任せください



  • 尾行調査における不可抗力


    浮気調査など追跡を主体とした調査方法で行う尾行調査。
    プロの探偵のいかなる技術を持って尾行してもどうしようもない場面が出てきます。

    対象者がしばらく歩いて移動した後や電車で移動した後に時として迎えに来た車やタクシーに乗ってしまう場合などがあります。
    歩いて出た場合でも車を用意しておけば良かったではないかと言われるかもしれません。もちろん用意して対応する事もありますが都内には車輌進入禁止、一方通行や右左折禁止など規制がやたらと多いという道路事情もあります。 対象者が必ず車を通れる道を歩いてくれるとは限らないのです。
    だったらバイクでしょう。
    押していけばとも言われそうですが迎えに来た車が高速道路に入ったら高速道路に入れる排気量のある中型以上のバイクでなければなりません。
    それだけのバイクをずっと押して尾行していくのもかえった目立ってしまいます。また車に乗らず、電車を利用されると駅近くにバイクを放置する訳にもいきません。
    都内ではバイクでもすぐに駐車禁止となり、反則金や点数削減という罰則が付いてきます。
    確かに歩きの尾行調査でも車やバイクを用意して調査員の数もそれなりに増やせば、それ相応の対応ができるのは判っているのですが、 殆どが徒歩での移動となるとご負担の多い尾行調査料金となってしまうのでなかなかお勧めする訳にもいきません。当探偵事務所・赤坂アーガス東京の場合、ご負担を考え3人目からはかなり割り引いた料金としています。

    歩きの尾行調査の場合、前述したように電車移動した後に駅まで迎えに来た車やタクシーに乗られるケースも多いのです。
    タクシーにタクシー乗り場から乗って貰えれば助かるのですが少し歩いた処で迎えに来ていた車に乗られるとタクシーも拾えず、殆ど迎えに来た車の車種、ナンバーなどを控えて断念となるケースが多くなってしまいます。 これこそ不可抗力なのです。
    タクシー乗り場から乗ったケースでは時間帯にもよりますが結構後続のタクシーが停まっているので後続のタクシーに乗るようします。
    しかし、ここからは探偵の技術も何もありません。
    そのタクシー運転手さんの運転技術に尾行調査を委ねるしかないのです。
    たまに尾行を楽しんでいるのか、プロとしての運転技術を見せつけたいのかと思うほど、上手に運転し尾行に協力してくれる運転手さんもいますが殆どの運転手さんは強引な運転をしてくれないのが現状なのです。
    何しろ違反したらその運転手さんの生活にも関わってきます。
    こうなると結果は自ずと見えてきます。「行っちゃいましたね」と運転手さん。疲れがどっと出る瞬間です。これも不可抗力と言わざるを得ません。
    地方であると見逃しても無線で対応して相手の乗ったタクシーを呼んで貰い、同じ目的地に行く事が出来て、対象者を発見できたというケースが何度かあります。
    しかし、都内ではこうはいきません。この時点で尾行調査は終了となってしまいます。

    よくあるケースとして浮気調査で出た浮気相手の女性を深夜、尾行していて自宅の所在地を特定しなければならないというケースがあります。
    電車で移動して自宅の最寄り駅にて下車した女性。そして駐輪場に入り、バイクや自転車で自宅に向かう。バイクだともうどうしようもないのですが翌日の尾行調査の為、ナンバーだけはしっかり控えておきます。
    自転車の場合、女性が乗る自転車を深夜ずっと走って尾行するのは怪しまれるのは当然で無謀な行為としか言いようがありません。やはり不可抗力ですね。
    こういう場合は自転車の特徴を押さえる事に集中し、バイク同様に翌日に自転車を用意して再調査するしかないのです。
    強引な尾行調査して相手に尾行を察知されてしまう事程、探偵として最悪な事態はないのです。

    車の尾行調査でも真っ先に思い浮かぶ不可抗力は信号機の存在です。大きな交差点などで対象者の車が黄色信号で突っ込んでいってしまう場合、それを尾行する調査車輌、赤信号で突っ込むか停止するかである。
    突っ込んで対象者をそのまま追跡できるか、信号無視で捕まるか、はたまた事故を起こすか、大きな掛けでもあります。
    突っ込めずに停止すると都会では何十台も対象車輌との間に入ってしまい、見逃す可能性がかなり高くなってしまいます。
    そんな時こそバイクでしょう。との声が聞こえてきそうですが運転される方ならお分かりでしょう。
    抜いていかないバイクは珍しい。また思った以上に後ろを走るバイクは目立つのです。
    夜間や短距離なら強い味方ですが長距離ですと意外にも目立っています。

    尾行調査をしているとプロの探偵でも不可抗力的な調査断念は多少でもあるものなのです。
    その事についてはご理解を頂きたい。
    尾行調査のリスクについてもきちんと説明できるか否かが優良な探偵事務所の選択肢の一つといえるかもしれません。

尾行調査について電話でのお問合せ

相談専用電話


TEL 0120-555-066